人生たらたら

書きたいことを書くだけのブログ

はじめに

初の投稿ということで自己紹介を。

 

僕は数年前に発達障害の診断を受けました。

 

広汎性発達障害(自閉スペクトラム

とのこと。

精神障害者手帳三級を所持しています。

 

このブログは

自分と似たような境遇の方

または周りにおられる方

発達障害による症状に対し

どのように向き合っていけばいいのか等

自分なりに言葉で伝えることが

できれば良いな、というブログ

 

とかではなく。

 

トップにあるように

自分の書きたいことを書くだけの

自己満足ブログです。

 

チェンジマン

今使っている、スマホの充電の減りが目に見えて加速していることに気付きまして。

 

自分はスマホでネットや動画等は見ませんし、連絡を取り合うような知人もいないので、まあ家族からの連絡の返事をするくらい。つまり用途はほぼアプリゲーのみ。

 

最初の頃は一週間に一回充電くらいだったのですが(スマホゲーもやっていなかった時期だけど)、今はすっかり二日~三日に一回とか。購入してからもう数年経っているので当たり前でやんすね…ん??あれ??スマホリチウム電池って交換できない??

 

わしの若い頃はの、がらけーという携帯電話での、後面に外蓋があって簡単にリチウム電池の着脱ができたんじゃよ。すまほにはそういった箇所がないのぉ。

 

充電池(バッテリー)交換で検索してみると、メーカーさんに頼んで交換してもらう方式みたいです。そりゃそうか。自分で勝手にやる人はやればいいけど自己責任ってやつですね。

 

消耗品なので自然な結末なのは分かっていますが、安いもんじゃないからなぁ。新しい端末とかにはあまり興味はないので(買う金がないだけ)、一日一回充電…は、まだいけそう?ニ回充電しなきゃいけなくなったら替え時かな。

自力本願

先日なかなか夜が寝付けなくて、漫画サイトでサンプル漁りをして回っていたとき(画面の光を浴びるのは逆効果やぞ)、”おおっ!”と思った漫画が。

 

んでまあ、うとうとしていたのでその作品のタイトルを覚えていないのでありまして。ブラウザ閉じたら履歴をオート削除する設定にしているので足跡を辿ることも不可能でありまして。まあ漫画サイトの名前も覚えていないのでありまして。八方塞がりとはこういうことか。

 

ということで見た作品の概要をうろ覚えで並べていきます(知っていたとしてもスルーしてください)。

 

 

大学生の主人公はイケメン?美形?すぎて、周りの愚民共がウザったいことに嫌気が差し、友人をつくることもなく、顔を隠すように眼鏡を掛けて過ごしていた。

 

大学で授業を受ける際、主人公の隣に座る男がいる。友人というわけではない、授業や単位の為にお互いビジネスライク程度の関係。その男も自分の顔を隠すかのように、眼鏡とマスクを常時付けていた。

 

その後、ひょんなことから主人公はその男の素顔を目にする。話によると、過去にモデルをしていたが、有象無象の人間関係に疲弊し仕事を辞め、今は主人公と同じように顔を隠して生活するようになった。

 

共感を覚える二人。次第に二人で共に行動する時間も増えていった。

 

えーと…それで公園かどこかでわんちゃんの散歩している人とすれ違った際、男がもの凄くわんちゃんが苦手らしくビクビク、主人公が隣でハハハしていたら突然男にちゅーされた、だったかな?その後も向こうからの態度や接し方が変わることもなく、”こんな意識してるの俺だけかよ!?”みたいな流れだった…ような。

 

 

そこらへんで立ち読み終わった感じ。ローラーしていたから他作品と混じっていたり結構間違っているかもしれない。だったらすまん。絵が綺麗で好みな感じだったので、今度どこかで見かけた際はキチンと頭のチェックリストにレ点入れておかねば。

デンジャーラップ

日用品を補充しに行った際、ちょい気になったものが。

 

”全国の名湯シリーズ”(実際に全国の名湯関係あるのコレ?)入浴剤を適当に品定めしていた最中、とあるものに目を惹かれてしまった。そう、泡風呂入浴剤。確か見かけたのは一袋200円↑くらいで一回一度使い切りタイプだった。ボトルで大容量みたいなものもあるみたい。

 

うぉおおお!!泡に包まれてぇぇ!!無性にふわふわしたいぞ!!昔のCMみたいな感じで、女優さんが手で泡をすくってアヒル口で泡ふーっ飛ばししたり、泡もこもこの中から天に向かって足を伸ばしたりしたいぞ!!自分で想像してみると相当気持ち悪いぞ!!すまんな!!

 

一人でこっそりやるか…?いや!泡モコエンジョイパーリナイが誰かにバレたら無性に気恥ずかしい!定額水道料金だった一人暮らしの時にやっておけば良かったか…む、そんな気持ちの余裕なかったか。独り立ちできるビジョンが全然浮かびませんが、とりあえず一つの夢として脳に刻んでおきます。

 

いつかやってみたいなぁ。