人生たらたら

書きたいことを書くだけのブログ

染酸酸酸酸

ネメシス第二形態の影も形もなくなった現実から目を背けつつ、ジルを助けるワクチンを探しに再びカルロスパートが始まったのだ。

 

そう、カルロスといえばアサルトライフル、カルロスといえばハンターβとの出会い!ある意味シリーズの顔ともなっているクリーチャーではあるが俺は負けない、ハンターの弱パンチ連打怯みからの飛び込みフックは喰らわないことをここに誓おうではないか!いうて残り体力に気を付けながら銃で怯ませたり横を抜けたり立ち回ればなんとかなるでしょう!たぶん!いざゆかん!

 

\ペシッ/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一撃だぜ!!!

 

 

弱パン連打は貰わなかったので誓約は破ってません。あの、”体力が一定以下のときに飛び狩り発動”、この認識はPS1時代の考え方なんですよねこれが。こりゃああかん、現代に戻っての飛び狩りタイミングを読み切るところから始めなければ。飛び跳ねたところに対空ショットができればいいんだけど、いかんせんエイムが必要となったため自分には厳しい…ならば今度は”打たれる前に打つ”戦法でいこう。

 

\ズダダダダダダ/

 

\ペシッ/

 

 

 

 

銃撃のエフェクトで画面が見えねぇんだ。

 

 

TPS照準視点+連打エフェクトでハンターさんの姿が見えず再び敗北、これにて大雑把なゴリ押しは中止。全力スルーするのは今はおいといて、まあ一度くらいは倒していこう、と”ドア開閉ちくちくヒットアンドあうぇい戦法”にて無事撃破。絵面には決して触れてはいけない、ハンターさんの呼び出されてはその都度自分の持ち場へ戻るプロフェッショナリズムに対しての戦法───そういった相手だからこその最適解───てなわけで目的のワクチンを入手。

 

ジルのもとへ戻るとゾンビ軍団とハンターを添えての籠城戦?開始。個人的には籠城戦パートは好きではないので、なんとなくで突破。バリケードを崩そうとする健気で頑張り屋なゾンビたちの姿を眺めていて今更な話、ゾンビって人間の匂い?か何かで探知しているんですかね?ジルタイレル部屋よりもカルロスのほうが近ければそらカルロスのほうに寄ってくるので、単純に近い順の差なのかな。ジル快復と同時に”やっぱり第二形態は無くなったんだな…”と追いセルフ悲しみも味わいつつみたびジルパートへ帰還。無限キーピック編にて病院内アイテム回収。

 

次なるマップは倉庫のような場所でのヒューズ集めパート。わんちゃんと戯れなんとなく迷っては3つ目の場所が分からずうろうろ。ちなみに某ドッキリ現場は苦せず突破、これはこれまでの経験と読みから生まれた察知能力が身を結んだ形。ビビりすぎて牛歩だったゆえに偶然対応できたわけではない決して。そして現れたるは”白くてぽよぽよのゾンビ”。これRE2でやったところだ!なんだっけ…確かifストーリーで出てきたタイプで、再生能力がどうたらこうたら?らしいので火で焼いていたような…現状そういった放射系はないから、ショットガン等で怯ませての素通りが丸いか。

 

そんなこんなでとある研究所?のような場所へと到着。むむ?順番的にここがラストステージ???お?処理工場は…???え~公園は…それじゃあ墓地は…………………墓地マップが…ない?????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワームもオミットの運びとなりました。

 

 

原作ではダウンタウン脱出前にちょいとした顔見せイベント戦闘があったのですが、それはあくまで顔見せパートだったからこそのリメイクカット部分、墓地であらためてワニワニパニックボス戦、という読みをしていたんですね。からの物語進行に準じての”あれはそれはどこいった”要素が積み重なったのもあって、薄々”もしかして…”と察してはいましたが…ボスキャラも丸々カットというのも寂しいですねぇ。

 

 

 

 

(ところで寄生体被り物ゾンビ強くない?)

 

 

リーチが長すぎるというか予備動作が全く分からないというか超ロングレンジフリッカージャブを喰らってはぽよぽよゾンビ追撃タッグ技という腑に落ちない猛攻あああああなんだこれなんだこれ4でいうプラーガが雑にリーチを身に着けちゃあかんでしょあああああまたハンターだハンターだワンパン攻撃撃破ノルマ戦闘あああああ!!!!!