人生たらたら

書きたいことを書くだけのブログ

恐旅

 

 

 

 

 

腰やった。

 

 

 

 

 

 

昨日、もとい今日付け”んじゃ寝~よ!”とお布団へダイヴしに立ち上がる。しかしこの男の腰に電流走る…!てなもんでまた来ました、我がボディからのSOSが。中腰だけにとどまらず、ある特定の上半身の角度、その入射角において、自身の腰が呻き出す。座る、立ちあがる、横になる、いずれも接続部のトリガーは反応し、神経にダメージを加えていく。

 

痛みがない角度でキープできる場合ならよいのだが、身体を動かす度に痛みのチェックポイントを通ることになるし、あくびやしゃっくりやくしゃみの際にも電流が走るのでそれらの制御できないものはどうしようもない。痛みの部類としてはピリッでもなくズキズキでもなく、ズキィッという感覚。いてててて!よりかはイテゥ!と刹那的な痛みが無職を襲う。

 

原因はまあ、たぶん分かってはいる。単なるエコノミーなんたら的要因が、筋肉に対して悪いクセをつけてしまい、その間違った教育の結果このような牙を向けてきたのだろう。良くも悪くも自分次第のせめぎ合い。

 

今は背筋ピーン!てててて天使のはねをしながらやり過ごすことしかできない。紀元前の若い頃ならば”まあちょっと時間が経ったら治るかアハハハハやってもうたなアハハハハハ”とピッチピチ細胞に任せきりで済んでいた。だが今の年齢ともなると全く笑えない、万が一長期化してしまった場合は誠実に医学にも向きあわなくてはならん、という気持ち。身体面において、年月の流れというものはほんとにつらいっすねぇ。