人生たらたら

書きたいことを書くだけのブログ

ゴールはあるのか

こう、例年この時期になると湧いてくる”年末年始の超短期バイト”?ってあるじゃないですか。時給にちょい色を付けるから大晦日やら正月やら代わりに働いて、みたいな。メジャーなのでいうと郵便局で年賀状の仕分けとか。

 

まあ自分はこんなんなので、毎年周りから”やってみない?”とか”短期間だし”とか”未経験の人も多いだろうし”とか、わざわざ言ってくださるわけです。そして自分はその都度、"イヤ…イイッス…”としか答えられないわけです。

 

なんで仕事している人って仕事できるの?

 

そのバイト話を聞くたび、自分はまず”近づきたくない”という心境になります。そもそも責任感を持ちたくない、持った経験もない、終わってる、という感じ。自分のこれまでの人生を顧みると、それが順風満帆に進むことは望めないわけです。人から”うわぁ~いい歳して無職で不細工で無能だぁ~三連コンボだぁ~”と指をさされても別にいいんです、事実ですから。そう言われるだけならばいい、それは結局他人の足を引っ張ってしまうということ。とはいっても責任感のない仕事ってあるんかな?山奥で好きなペースで壺を作るとか…?何にしろ、自分の身一つで何かを生み出す系の仕事ならあるのかも。

 

こう、自分が学生の頃とか、同級生が”今日放課後バイトあるから~”というノリでバイトに向かうのを見て”超人か?”と思った記憶があります。なんでみんなそんな自然に仕事できるんだ???今になっても分からない、みんなすごい。世界中で仕事している方々みんなみんなすごい。そして無職からの賛美ほど要らないものはない。

 

…ということを、仕事話を持ち掛けられる度に”しゅん…”となりながら思っています。一ヶ月に一回くらい。う~ん、気分転換にドライブ行こうかなぁ…でも今露骨にガソリン代上げられてるからなぁ…酒に逃げても結局残るのは二日酔いだけ…自分のメンタルはループしているふはっははっは。